○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
●                                 ●
○  ●○● 和服の基礎知識 ●○● 〜日本文化を愉しむために〜  ○
●                  創刊準備号 2003/08/00発行  ●
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【右前・左前】(みぎまえ・ひだりまえ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆右前(みぎまえ)
 通常の和服の合わせ方。
 左身頃を上にして、襟のあきが右にくるように着ること。

◆左前(ひだりまえ)
 (普通とは反対に)着物の襟のあきを左にもってくる着方。
 左衽(さじん)とも言う。(衽=おくみ)
 死んだ人に着せる死装束は左前に着付ける。

 転じて、経済的に苦しくなること。運が悪くなることの例えにされる。
 「左前になる」

◇洋服では、男物が右前、女物が左前。

−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

 ○右前

 右 /\ ̄ ̄ ̄/\ 左
  ̄ ̄\ \ ̄/ / ̄ ̄
    \ / /   
 |   / /   |
 |  / /|   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ×左前

 右 /\ ̄ ̄ ̄/\ 左
  ̄ ̄\ \ ̄/ / ̄ ̄
    \ \ /   
 |   \ \   |
 |   |\ \  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

日本も中国も、古代には左前に着るのが一般的でした。
古墳時代の埴輪の服装も左前になっています。

ところが中国で右前が一般化し、
左前は「夷狄(いてき/野蛮人)の風俗」と避けられるようになりました。

そこで日本でも中国にならって、
全ての国民に右襟(右前)の服を着る命令を出しました。
勅撰歴史書『続日本紀』(しょくにほんぎ)養老三年(719)二月の項に、
「二月壬戌、初めて天下の百姓をして、襟を右にして…(初令天下百姓右襟)」
と記されています。
ただし、実際に右前が全国に普及するのは平安時代に入ってからです。

〈参考文献『続日本紀 二』新日本古典文学大系13(岩波書店)〉

●ごあいさつ●…………………………………………………………………………

 こんにちは。
 『和服の基礎知識』創刊準備号をお読みいただき、ありがとうございます。

 私自身は和服を着る機会はありませんし、詳しいとは言い難いです。
 それでも和服に慣れていない人が書く絵や文章で
 「それは絶対おかしいでしょう」という描写を見かけると、
 解説したくなります。

 このメールマガジンでは、和服の常識をアスキーアートで図解しながら
 やさしく興味がもてるように説明していこうと思っています。

 正式な創刊号は9月4日(木)発行予定です。

●参考文献●……………………………………………………………………………

『日本史モノ事典』平凡社 ISBN4-582-12420-8
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582124208/dearbooks-22
……などなど

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

発行者   :詞己
お問い合わせ:shiki_n@mbj.nifty.com
ホームページ:http://homepage2.nifty.com/n-bunko/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

『和服の基礎知識〜日本文化を愉しむために〜』
 週1回刊行
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000116269.htm からできます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○