▼夏貸文庫/表紙 >  案内 >  本棚 >  アンデルセン童話

アンデルセン童話集/岩波少年文庫

作者のハンス・クリスチャン・アンデルセンについて

アンデルセン童話集/岩波少年文庫
『アンデルセン童話集1』
『アンデルセン童話集2』
『アンデルセン童話集3』


アンデルセン童話集/岩波少年文庫

翻訳:大畑末吉(おおはたすえきち)
さし絵・カバーイラスト:初山滋(はつやましげる)

デンマーク語の原典からの日本語訳。
アンデルセンが書き残した童話から代表的な作品33編を収録。
岩波少年文庫(ワイド新書サイズ12×18cm)

岩波書店から出ている愛蔵版『アンデルセン童話集(全2巻)』(A5判ハードカバー)と同じ内容。

同じ訳者による『完訳版 アンデルセン童話集 全7冊セット 』が岩波文庫より発売中。こちらにはすべての童話が収録されています。


『アンデルセン童話集1』

著者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
翻訳:大畑末吉
さし絵:初山滋
発行元:岩波書店(岩波少年文庫)
発行日:1986年3月初版 /2000年6月改版
サイズ:ワイド新書判ソフトカバー/246ページ
収録作品:11話

代表的なアンデルセン童話11話収録。
あとがきに大畑末吉による解説「アンデルセンという人について」。

《収録作品》
おやゆび姫/空とぶトランク/皇帝の新しい着物/パラダイスの園/ソバ/
小クラウスと大クラウス/エンドウ豆の上のお姫さま/みにくいアヒルの子/
モミの木/おとなりさん/眠りの精のオーレさん

(2010/10/20)

アマゾン アンデルセン童話集 (1) (岩波少年文庫 (005))
楽天ブックス アンデルセン童話集(1)新版
ビーケーワン 『アンデルセン童話集(1)新版』

『アンデルセン童話集2』

著者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
翻訳:大畑末吉
さし絵:初山滋
発行元:岩波書店(岩波少年文庫)
発行日:1986年3月初版 /2000年6月改版
サイズ:ワイド新書判ソフトカバー/264ページ
収録作品:12話

代表的なアンデルセン童話12話収録。
あとがきに大畑末吉による解説「アンデルセン童話について」。

《収録作品》
コウノトリ/ブタ飼い王子/パンをふんだ娘/青銅のイノシシ/天使/人魚姫/
ヒナギク/ナイチンゲール/野の白鳥/マッチ売りの少女/銀貨/ある母親の物語

(2010/10/20)

アマゾン アンデルセン童話集 (2) (岩波少年文庫 (006))
楽天ブックス アンデルセン童話集(2)新版
ビーケーワン 『アンデルセン童話集(2)新版』

『アンデルセン童話集3』

著者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
翻訳:大畑末吉
さし絵:初山滋
発行元:岩波書店(岩波少年文庫)
発行日:1986年3月初版 /2000年6月改版
サイズ:ワイド新書判ソフトカバー/240ページ
収録作品:12話

代表的なアンデルセン童話10話収録。
あとがきに水上勉のよる解説「アンデルセンは話の名人」。

《収録作品》
赤いくつ/びんの首/古い家/鐘/年の話/さやからとび出た五つのエンドウ豆/
「あの女はろくでなし」/ロウソク/とうさんのすることはいつもよし/
雪の女王
  鏡とそのかけらのこと−お話その一
  男の子と女の子−お話その二
  魔法をつかうおばあさんの花園−お話その三
  王子と王女−お話その四
  山賊の小娘−お話その五
  ラプ人の女とフィン人の女−お話その六
  雪の女王の城であったことと、その後のお話−お話その七

(2010/10/20)

アマゾン アンデルセン童話集 (3) (岩波少年文庫 (007))
楽天ブックス アンデルセン童話集(3)新版
ビーケーワン 『アンデルセン童話集(3)新版』



[2010/10/20]
無断転載禁止/リンクはフリーです
Copyright(C) 2001-2010 詞己 All rights reserved.